審判研修会

2003年4月6日(土)晴れ

 今日はサッカー三昧でかなりハードな1日になりました。Jリーグ、ヴィッセル神戸のホーム開幕戦で、少年リーグの開会式が行われるということで私は指導しているサッカースクールの子どもたちを連れてウィングスタジアムへ行きました。ウィングスタジアムに着いてからは、ヴィッセルのお手伝いの方でもバタバタ・・・!普段はそんなに手伝うこともなくゆっくりしてるのですが、開幕だけにイベントも多く、慣れないウィングスタジアムを走り回っていました。

 試合が始まって時間ができたときに、バックスタンドで観戦している子どもたちのところに行ったりしてたのですが、バックスタンドまでが遠い!!ユニバーは全部つながっているのでメイン側からそのままいけるのですが、ウィングの場合は外に出てまわらないといけなく、そんな面は案外スタッフ泣かせかも・・・笑  近道のルートも分からず素直にまわってたのでかなり走り回って試合もゆっくり見れませんでした。今年は自分が担当しているチームも、より気合を入れようと子どもたちに「サッカーノート」を作ることにしました。

 今日の試合で自分のやっているポジション、やってみたいポジションの選手の、いいところを見つけるのが課題。果たしてちゃんと見ているのやら・・・。ヴィッセルの試合の方はサンガ相手になかなかペースがつかめず負けてしまいました。連勝していただけにホーム開幕を白星で飾れなかったのがちょっぴり残念・・。

 さあ次はサッカー協会で開かれている、2級審判研修会へ移動。3級の私が何で??と思われるかもしれませんが、2級候補ということで参加させていただきました。代表の方の審判報告などや、「自身で審判を高めていくために・・」やっていることなどを聞いて、ただただ感心するばかり・・・。私なんて審判手帳に結果を書いたり、インストラクターからの指摘を注意するぐらいしかしてないのに・・。

 その後ビデオを見て「この判定について」の意見交換の時など、皆さん「こういう判定でこうした方が」などの意見がポンポン飛ぶ中、私はというと、心のなかで「わたしなら・・」という意見を持っていながら、私と違う意見が出て「私の判定は間違っているのかな・・」と考え直したりしてました。でもビデオを見てこそ分かる微妙な判定を、一瞬で行わなければならない判断力の難しさに2級への道は遠い・・・と実感した研修会でした。というわけで、長いサッカー日は終わりました。Jリーグも少年リーグも開幕!今年も気合入れてがんばりま~す!

PS  今日、ウィングスタジアムを見てて思わず「こんなところでやりたいな~」とつぶやいてしまった私。大きいスタジアムはただ1度だけ、広島に遠征に行った時、サンフレッチェ対レッズ の前座試合をやったことが。電光掲示板にも名前が出たし、早くから来ているサポーターが応援してくれたりして気持ち良かったな~と思いだしたりしました。