ニュース・トピック (2002年2月) バックナンバー≫

第4回須磨区長杯の結果 (2002.2.25)

  南地区大会として今年第4回を迎えた本大会は、第1回めより優勝の須磨ナイスサッカークラブが4連覇を果たし須磨区長より区長杯と表彰状が手渡された。
 例年前年度優勝チームが運営のこの大会、関係者の嬉しい(?)悲鳴もチラホラ・・

優勝のSNSC

神戸あじさいライオンズクラブ杯の結果 (2002.2.25)

 2月24日(日)いぶきの森グラウンドにおいて、あじさいライオンズクラブ杯の決勝が行われた。
 6年生の決勝は和田岬SCと学園小寺SCで行われ、PK戦までもつれ合いながら、和田岬SCがみごと優勝を勝ち取った。

優勝の和田岬SC 準優勝の学園小寺SC

 5年生優勝はコスモSC、4年生は井吹台SC、3年生はコスモSCに決まった。

5年生優勝のコスモSC 4年生優勝の井吹台SC
 
3年生優勝のコスモSC  

 6年生優勝チーム和田岬キャプテン野澤徹平君(12才)は「コーチやお母さん方の応援で優勝できて良かったと思います!」と喜びを語った。ウインウスタジアムが近く、W杯が楽しみなチームのメンバー達も「将来W杯に出場できる選手になりたい!」と口々に優勝を満喫していました。

 竹中少年委員長は、「芝生で開催の本日の試合はどの試合も大接戦で見ごたえある試合でした」と感想を述べていた。


2001年度兵庫県高等学校サッカー新人大会 御影工業が優勝! (2002.2.12)

 御影工業高校が9年ぶり6度目の優勝

優勝の御影工業メンバー

アフガニスタンの難民の子ども達にサッカーボールを送ろう (2002.2.6)

 少年サッカーリーグでは、アフガニスタン難民にボールを送る活動を始めました。

 この活動は、選抜活動をしている選手達の中から、アフガニスタン難民にボールを送ろうとの声があり、少年委員会で子ども達の気持ちを生かせる方法がないか、サッカー協会や市のワールドカップ推進室に相談しましたところ、趣旨に賛同いただき現地への輸送などに全面的にご協力いただけることとなりました。

女子選抜6年生

 7年前の震災では、神戸の少年サッカーは全国のサッカー仲間からボールや用品、そして義捐金を送っていただいたり、いろんな大会に招待いただくなどの支援を受けました。
子ども達からでてきた気持ち牽大切にし、震災時のお礼の気持ちをこめ、6月にはワールドカップを開く神戸の姿を発信する意味でも、少年委員会として取り組んでいきたいと思います。

趣意書

少年サッカーリーグ各チームの6年生のみなさんへ

 今、戦争が終わったばかりのアフガニスタンの子供達はたいへん苦しい生活を送っています。この前、新聞でアフガニスタンの難民キャンプでジョメ君が空気の抜けたボールでサッカーをしている記事を見ました。

 ジョメ君はサッカーが大好きで、アフガニスタンの代表になりたいと言ってるそうです。

 神戸は7年前、大きな地震にあいました。そこで、世界中の人々が助けてくれました。その中には、早くサッカーができるようにとボールやシューズをたくさん送ってもらったと聞きました。

 平和の中でワールドカップが開かれるまでになった神戸。この神戸に住む私たちが、アフガニスタンの友達のため何かできることはないかとみんなで話し合い、ボールを送ろうと話し合いました。

 中学生になったらボールは5号になり、私たちの今使っている4号のボールは使えなくなります。長い間使ってきた思い出多いボールだと思いますが、ひとりでもたくさんのアフガニスタンの友達のため、ジョメ君の夢のためご協力をお願いします。

2002年2月5日
    
        神戸市女子選抜一同


神戸市少年少女を励ます会講演会 (2002.2.6)

2002年2月3日、西神プレンティホールにて「神戸市少年少女を励ます会 講演会」が開催されました。(1996年発足以来毎年3回開催の講演会。)

今回の講師は全国大会出場した伝統の滝川第二高校黒田和生監督の講演とあって、会場は173名もの方で満席になり熱く盛り上がった。

「豊かなサッカーをめざして」(少年指導者に望むこと)をテーマに、かつて少年指導者を経て、現在高校サッカー監督に至るまでの豊富な経験(S級ライセンス取得)をもとにご講演。

大事な試合の合間を縫っての貴重な約2時間だったが、質問タイムも盛り上がり「会場の皆さんの熱い視線に汗かいたね!」とお茶目さも忘れない人間味溢れた黒田監督でした。

 

 

 


豊かなサッカーをめざして
− 少年指導者に望むこと −

豊かなサッカー = 豊かな人生
    ↓        共生・健康
グッドゲームの追求 = 楽しいサッカー
|  ↑  |          
  闘う  │  プレイ           
│          
☆ 意志  |  ☆ 協調          
☆ 体調  |  ☆ 戦術          
 (体力) |                
☆ 運   |  ☆ フェアプレイ      
  ↓   |     ↓          
  勝利==|=====美          
|          
(美しく勝て!)         

☆ 少年サッカーのネライは?

サッカー大好き少年少女を一人でも多く

・ 親は最も身近な指導者(コーチ)
・ コーチの姿を見て子どもは育つ、マネをする
・ コーチのいけない姿

1.押し付け   2.えこひいき   3.自慢

☆ コーチにお願い

・ 遠征に行ってグラウンド〜宿舎の往復はやめよう

どこかひとつ思い出の場所へ連れて行こう(名所・旧跡・文化施設ほか工夫次第)

☆ うまくなるには

感性を鍛える───────→自分で判断 /プレイを覚えている
 ├→六感への刺激        もっと上をめざす
 └→学校の勉強
     ↓
   集中力がつく───→自信が湧く


・・・ ☆ チャップリンの言葉 ;「人生にはわずかのお金と希望があればいい」


(詳しくは4種励ます会ページまたは、各団出席者にお尋ねください)


2001年度兵庫県高等学校サッカー新人大会 1・2回戦 (2002.2.6)

2001年度兵庫県高等学校サッカー新人大会 1回戦結果

御影工業2−0舞子
伊丹北1−2神戸
生野0−1津名
明石南1−0明石城西
東洋大姫路2−0西脇
豊岡1−4市伊丹
三田6−0三木東
関学1−0姫路西
市尼崎9−0姫路東
神戸弘陵2−0星陵
県伊丹2−1三原
神戸高塚2−3市西宮
小野1−0太子
龍野0−5滝二
柳2(4−5)2川西北陵
北摂三田0−1長田

2回戦結果

御影工業2−0神戸
生野2−5明石南
東洋大姫路1(6−7)1市伊丹
三田1−4関学
市尼崎0−1神戸弘陵
県伊丹2−1市西宮
小野0−3滝二
川西北陵1−2長田
詳しくはこちら>>