ニュース・トピック (2002年4月) バックナンバー≫

アフガン難民キャンプへボールを届ける運動に国連事務次長からの励ましのレター (2002.4.11)

 神戸市少女選抜チーム「神戸エンジェル」の呼びかけで始まったアフガン難民キャンプへサッカーボールを届ける運動に対して、マルセルAボイザード国連事務次長よりレターが届けられ、4月7日にセレモニーが行われました。

「神戸の子供たちが苦しんでいる人々を思いやって行動を起こしています。これは子供たちの親の行動を手本にしていることで、神戸市民は世界のすべての人々との連帯する精神を持っています。次代を担う神戸の子供たちが今後も世界や国連に関心をもち、賞賛すべき「Spirit of Kobe」を持ち続け世界平和に貢献することを願う。」

 現在、ボールは600個を越え、アフガニスタン国境にあるジョメ君のキャンプ地へ届ける準備が進んでいます。

 

平成14年度(第20回)兵庫県女子ママさんリーグ開幕! (2002.4.8)

 リーグ開幕20年めの開会式が啓明女学院グラウンドにて行われた。
前年度優勝チーム神戸FCマミーズキャプテンによる「W杯に負けない戦いをします!」の元気な選手宣誓で開幕。

 

 

 

 

また、功労賞(50歳)5名の表彰式も執り行われ、夢野ファイターズの白石さんは「よくここまで続けられました。これからも頑張ります」と笑顔で答えてくれました。

  写真右から白石・主島・竹川・林・八木

今年も、サッカー大好き元気ママさん達9チームの熱戦が繰広げられる。


4月6日ヴィッセル神戸ホームゲーム (2002.4.8)

4月6日(土)のヴィッセル神戸ホームゲームのフェアプレーキッズに、神戸FC 星山淳史君、和田悠希君、FCフレスカ 明神大君、堀内健太君、西神SC 末永裕章君、川口雄士君が参加しました。

 

オフィシャルキッズマッチは、マリノFC vs 陽明コスモスSC、安井体振SC vs ヨーケンSCの試合が行われました。


アフガニスタンの子供達に送るボールの集約始まる (2002.4.1)

 4月1日(月)から三宮のフェニックスプラザで、アフガニスタンの子供達に送るボールの集約が始まりました。
 寄付されたボールは、アフガニスタンの子供達に向けたメッセージを書いて頂いて、会場内の透明なケースに入れて展示しています。
 同時にサッカー用品や募金も受付ています。

(受付は、4月1日(月)から4月7日(日)まで)


花時計がサッカーボールに (2002.4.1)

 三宮にある神戸市役所北側の花時計が、2002FIFAワールドカップTM神戸開催へ向けて、パンジーの黄色、白色、青色を3,000株使い、サッカーボールをかたどって気運を高めています。


第4回日韓親善サッカーフェスティバルで神戸選抜(U−12)優勝 (2002.4.1)

 第4回日韓親善サッカーフェスティバルが3月29日から31日の3日間、神戸総合運動公園およびいぶきの森グラウンドで開催された。
 この大会はW杯を期に、日韓両国の友好を深めることを狙いに、例年大阪市で開催されていたが、今年は神戸に会場を移し行われた。
 U−15、U−12に分かれ、それぞれ韓国チーム1、大阪のコリアンチーム1、兵庫・神戸から2の計8チームが参加した。
 U−12には神戸市選抜6年生が参加し、韓国・陵谷チーム、大阪生野コリアン、兵庫TCを破り見事優勝した。

 子供達はトレセン活動最後の大会に優勝でき喜んでいた。

[参加チーム]
U−15:
韓国・亀山中学校(ソウル)、大阪コリアンジュニアユース、兵庫県TC A,B
U−12:
韓国・陵谷初等学校(高陽市)、大阪生野コリアン、兵庫県TC、神戸市TC