ニュース・トピック (2002年11月) バックナンバー≫

祝・全国ママさんサッカー大会 アジュール兵庫 優勝 (2002.11.25)

 11月22日、23日、24日広島県広域公園第1球技場において「14回全国ママさんサッカー大会」が行われました。全国から選ばれた12チームの中で関西地区代表で兵庫県からはアジュール兵庫が参加し、みごと全国優勝を果たしました。

結果・記録はこちら>>


11月16日ヴィッセル神戸ホームゲーム (2002.11.20)

 11月16日(土)ユニバー競技場にて行われたヴィッセル神戸ホームゲーム(対ベガルタ仙台戦)のフラッグキッズに西灘FC(6年生)滝野浩平君、広瀬裕司君、垂水多聞台(6年生)村瀬祐太君、木村裕貴君、小部キッズ(6年生)高田翔太君、伊藤豊君が参加しました。

 花束贈呈を行ったのは、小部キッズ(6/5年生)福永妙子さん、吉田早希さん、コスモFC(5年生)福原夕記さん、立花未来さんでした。

 ★掲載写真データご希望の方はinfo@kobe-fa.gr.jpにメールでお申し込み下さい。

 

 


シニアも頑張っているんです!! (2002.11.19)

三菱神戸シニアのイレブン

 神戸市は(兵庫県は)シニア世代(40歳以上)だってますます盛んなのです。

(1)神戸市シニアリーグは三菱神戸シニアが優勝

  シニアリーグの順位決定戦が11/10,17両日いぶきの森で行われました。上位リーグ(Aブロック)の優勝決定戦では、三菱神戸シニアと神戸スポーツマンが争い、2−2のままPK戦にもつれ込み、5−4で三菱神戸シニアが優勝を飾りました。

 なお、全試合の結果はこちら>>

(2)第2回日本スポーツマスターズ大会でベスト4

 昨年から開催が始まったシニア年代の国民体育大会に相当する、第2回日本スポーツマスターズ大会が11月8日〜12日に神奈川県全域で開催され、サッカー競技が藤沢市で行われました。

 兵庫県シニア選抜は、神戸市シニアリ−グ登録選手を中心に県下各都市協会から選抜された20名で構成し、近畿大会を無失点で優勝、近畿地区代表として出場し、前回のベスト8を上回り堂々の3位となりました。

 詳細はこちら>>


神戸市少年サッカーリーグ(Aリーグ)決勝 (2002.11.19)

1部(中央)優勝の神戸FC A

 11月17日(日)協同学苑及び垂水スポーツガーデンで2002 年度神戸市少年サッカーリーグ(Aリーグ)の準決勝、決勝が行われた。

 この大会は1部(6年生以下)から3部(4年生以下)に分かれ、4月から開催。この日も朝から白熱した戦いが行われ、2002年度の各部の優勝チームが決まった。

 結果は下記のとおり

1部(中央)優勝:神戸FC A
1部(東北)優勝:フレスカA
1部(西南)優勝:学園小寺A

その他はこちら>>


全国高校サッカー選手権兵庫県代表は滝川第二 (2002.11.11)

【高校選手権兵庫県決勝】2002.11.10 ユニバー競技場

滝川第二  1-0  御影工業

 晴天に恵まれた決勝戦。両チーム共に硬さが見られたが、滝二は両サイドをうまく使い徐々にペースをつかむ。

 一方、御影工は早めに相手DFラインの裏にボールを送り、エース稲本を使う。滝二は10分、新井(7)を起点として右サイド柏木(18)が、ドリブル突破、センタリングを金(8)がシュートするが、相手DFに当たる。そのこぼれ球を混戦から村上(11)が押し込んで先制した。御影工は直後の12分、一野(9)のアーリークロスから稲本(11)へのパスが通り、決定的な場面をつくったが得点ならず。後半、御影工が中盤でパスをつなぎだし、サイド攻撃からチャンスをつくるが、滝川第二の粘り強いDFと福島(1)の好セーブもあり、零封した。両チームとも決定的なチャンスをつくり、見ごたえのある決勝戦となった。

【2年連続10回目優勝滝二 黒田監督コメント】
「対戦相手は素晴らしかった。優勝は感激した!全国大会では得点を挙げることが課題。選手、スタッフ、応援とチーム全体が一丸となったのが勝因。」と2年連続の全国大会出場のキップを手にした。

【21年ぶり決勝で惜しくも準優勝 坪井監督コメント】
「1点取れなかったのが敗因。選手達は日頃狭いグラウンドでの練習を、よく頑張ってきた。」と表彰式終了後も涙ぐむ選手一人一人に声をかけ讃えた。


兵庫県少年サッカー大会(4年生の部)で神戸NKサッカークラブが優勝 (2002.11.7)

 11月3日、4日社町北播衛生公園グランドにおいて「第35回兵庫県少年サッカー大会」が行われた。神戸からは秋期ライオンズクラブ杯を勝ち抜いた、神戸FC(6年生の部)と神戸NK(4年生の部)が参加。結果は、4年生の部で神戸NKが1回戦、2回戦の競り合いをものにして見事優勝。6年生の部の神戸FCは、残念ながら2回戦敗退となった。


< 神戸NK:大木監督のコメント>
 選手達には優勝することよりも「やりきる心」「感謝の心」「人に感動を与える心」、この三つの心を込めて戦えと大会前にげきをとばした。長いサッカー物語の中の一つの経験として、三つの心を持って戦えた。その結果が優勝ということで二重の喜びとなりました。


[神戸NK 試合結果]
 1回戦:明石やまて(2−1)
 2回戦:日生中央(2−1)
 準決勝:三樹平田(1−0)
 決 勝:星陽(4−0)


国体サッカー優勝パレード! (2002.11.5)

 11月2日(土)午後12:00から三宮センター街で、第57回国民体育大会『よさこい高知国体』に3年ぶり2度目の優勝をしました兵庫県成年女子が優勝パレードを行いました。

 残念ながら宝塚バニーズの選手は試合のため参加できませんでした。