ニュース・トピック (2003年1月) バックナンバー≫

U-18日本女子代表 候補選手発表 (2003.1.29)

 2月12日〜16日、Jヴィレッジで行われますU-18日本女子代表候補トレーニングキャンプのメンバー発表がありました。神戸市からINACレオネッサの岡 環実さんが参加します。


NEW YEAR'S HYOGO DREAM SOCCER 2003 (2003.1.28)

 去る26日(日)神戸ユニバー競技場にて震災復興記念「兵庫ドリームサッカー2003」が開催された。

 地元兵庫出身のJリーガーによる兵庫ドリームチームとヴィッセル神戸の親善試合は11,400人の観衆を集め、地元の子供による「兵庫夢宣言」で始まり、花束贈呈、フェアプレーフラッグキッズ、エスコートキッズに多くの子供たちも参加し、震災復興を記念するにふさわしい試合となった。

 地元出身の選手を身近に感じ、子供たちに夢と希望を与え、神戸のサッカー、兵庫のサッカーのさらなる発展が期待される。


春季ライオンズクラブ杯新人戦、男子優勝は若草SC、女子は多井畑FC (2003.1.27)

若草SCのイレブン

 第19回神戸兵庫ライオンズクラブ杯春季新人戦の決勝が1月26日(日)いぶきの森グラウンドで行われた。

 男子の決勝は若草SC対須磨ナイスSCの南地区同士の対戦となった。

 いつも同じ地区で顔を会わせているのでお互い手の内は承知済み。先制したのは須磨ナイスSC。しかしすかさず若草SCもすぐさま追いつき前半は1−1で折り返えす。後半もまた須磨ナイスSCが1点取るも若草も粘りしぶとく追いつき、延長戦へ入る。PK戦かと思われたタイムアップ寸前に決勝点は若草SCがとり、結果3−2で若草SCが優勝した。決勝にふさわしい好ゲームであった。

女子は1−0で多井畑FCが本庄ガールズをおさえ優勝した。

多井畑FCのイレブン

ナイキカップ、ヴィッセル神戸が優勝! (2003.1.27)

 1月26日ユニバ記念競技場補助グランドにて、平成14年度ナイキカップ(U−13)の決勝戦がヴィッセル神戸対ライオスの対戦で行われた。中盤を制したヴィッセル神戸が2対0のスコアで優勝した。

 なお、この2チームが神戸市代表として県大会に出場する。

優勝したヴィッセル神戸のイレブン

田崎ペルーレ 全日本女子サッカー選手権優勝!! (2003.1.26)

 第24回全日本女子サッカー選手権の決勝戦が国立競技場(東京都)で行われ、田崎ペルーレが後半37分、大谷未央が決勝ゴールを決め、1−0で日テレ・ベレーザに勝利し、3年ぶり2回目の優勝を飾った。

 

 トーナメント表はこちら>>>


県体育協会優秀選手賞 (2003.1.23)

 兵庫県体育協会より2002年度県体育協会表彰の発表がありました。式典は2月5日(水)午後2時から兵庫県公館で行われ、兵庫県スポーツ優秀選手とともに表彰されます。

 受賞者は下記のとおりです。

『優秀選手賞』

<国際大会>

FIFA U-19女子世界選手権ベスト8
  秋山智美・早坂優・渡辺千尋(田崎ペルーレ)

AFC U-20アジア選手権カタール2002準優勝
  坪内秀介(ヴィッセル神戸)

AFC選手権2002インドネシア準優勝(フットサル)
  鈴村拓也(神戸ハーバーランドフットサルクラブ)

<金メダル=国体1位>

坂田恵・白鳥綾・渡辺千尋・早坂優・磯崎浩美・佐野弘子・山本絵美・川上直子・ 大谷未央・柳田美幸・鈴木智子・大西めぐみ・新甫まどか・土橋優貴
(以上田崎ペルーレ) 


県スポーツ優秀選手賞 (2003.1.22)

 兵庫県教育委員会より2002年度兵庫県スポーツ優秀選手賞の発表がありました。表彰式は2月5日(水)午後2時から兵庫県公館で行われます。

 受賞者は下記のとおりです。(受賞者の所属は大会当時)

『金』団体にアジア大会3位

川上直子・大谷未央・柳田美幸(以上田崎ペルーレ)

『銀』団体:全日本女子選手権準優勝

坂田恵・柿川文・松下貴子・磯崎浩美・斎藤あゆみ・長嶋舞・三上尚子・岸本翠・佐野弘子・山本絵美・鈴木智子・谷川みどり・白鳥綾・桜田有幾子・秋山智美・新甫まどか・大西めぐみ(以上田崎ペルーレ)


第1回神戸市社会人チャンピオンシップはFCつつじヶ丘が優勝 (2003.1.22)

 神戸市社会人では、今年度より1部リーグ優勝チームと市民大会優勝チームによるチャンピオンシップを開催することとなり、第1回大会が1月19日 いぶきの森で、1部優勝チーム:育英クラブ vs 市民大会優勝チーム:FCつつじヶ丘で行われました。

優勝したFCつつじヶ丘のイレブン

 両チームともオフシーズンにも関わらず、動き出しが早く、厳しいサッカーを展開し、見応えのある試合となりました。結果は3−0でFCつつじヶ丘が勝利をおさめ、第1回チャンピオンに輝きました。

 なお、この試合の審判団は、神戸市社会人で上級を目指し活動している若手の方々がこれにあたり、フェアなジャッジで試合をコントロールしていました。

 試合内容といい、ジャッジおよびその動きといい、多くのチーム、多くの方々に非常に参考になる試合であった、ということを一言付け加えさせていただきます。

 なお、試合結果(スコアカード)はこちら>>


田崎ペルーレ準決勝進出 (2003.1.19)

 第24回全日本女子サッカー選手権の準々決勝(4試合)が西京極総合運動公園陸上競技場ほかで行われ、田崎ペルーレは1−0でスペランツァFC高槻に勝利し、準決勝進出が決定しました。その他の結果は下記のとおりです。

日テレ・ベレーザ4−0ジェフユナイテッド市原レディース
日体大(関東第2)0−2さいたまレイナス
伊賀FCくノ一1−1(PK0−3)YKKフラッパーズ

 この結果25日西が丘サッカー場で行われる準決勝の相手はYKKフラッパーズとなりました。

勝ち上がり表はこちら>>>


高校サッカー新人戦 県大会出場チーム決定 (2003.1.19)

 高校サッカー新人戦の県大会出場チームが決定しました。神戸弘陵・神戸朝鮮・須磨東・須磨友が丘・神戸高塚・長田の6チームに加えて、選手権優勝の滝川第二、神戸市リーグ戦1位の御影工業、計8チームが2月1日から始まる県大会に神戸市代表として出場します。

 詳しい結果はこちら>>


田崎ペルーレの対戦相手はJシーガルに (2003.1.14)

 第24回全日本女子サッカー選手権の1回戦(5試合)が群馬県営サッカー場ほかで行われました。

結果は下記のとおりです。

大原学園(北信越)4-0福岡女学院(九州)
日体大(関東第2)2-1ラガッツァFC高槻(関西地区)
岡山湯郷(中国) 5-2伊賀FCフロイライン(東海)
日テレ・メニーナ(関東第1)3-1聖和学園高(東北)
Jシーガル(北海道)2-0高知JFC(四国)

 18日に京都府立山城運動公園太陽が丘競技場で行われる田崎ペルーレ2回戦の対戦相手は、北海道のJシーガルとなりました。

勝ち上がり表はこちら>>>


日本女子代表アメリカ遠征試合結果 (2003.1.14)

 1月5日からアメリカに遠征しています日本女子代表とアメリカ女子代表との試合が12日、サンディエゴToREROスタジアムで行われました。

結果は下記のとおりです。

日本女子代表 0-0(0-0) アメリカ女子代表

 田崎ペルーレからDF磯附_美・MF川上直子・山本絵美・FW大谷未央・鈴木智子の5選手が参加しています。


KOBE NEW YEAR SOCCER開催! (2003.1.15)

 1月11日(土)12日(日)の両日、しあわせの村で「朝日新聞社杯 2003 KOBE NEW YEAR SOCCER」大会が行われた。

 この大会は男子の部12、女子の部12の計24チームが参加。遠くは宮城県や神奈川県から参加のチームもあり、新春のスタートにふさわしい、盛り上がった大会になった。

 神戸からは、各地区の選抜チームや神戸市の選抜チームも参加したが決勝までは残れず、男子は東地区選抜が第3位、女子は神戸エンジェルが第3位にとどまった。



滝川第二 4年ぶり準決勝進出! (2003.1.5)

 第81回全国高校選手権大会で兵庫県代表の滝川第二が、福岡県代表の強豪東福岡を3―2(前半1―1)で破って、4年ぶりの準決勝進出を果たした。

 準決勝は7日に東京・国立競技場で、市立船橋と対戦する。

速報・組み合わせはNTVのサイトを参照下さい>>