ニュース・トピック (2003年10月) バックナンバー≫

日本女子代表候補 東西練習会メンバー発表 (2003.10.30)

 日本サッカー協会から、日本女子代表候補 東西練習会のメンバーが発表になりましたのでお知らせいたします。 
 田崎ペルーレから西練習会メンバーに、磯崎浩美(DF:埼玉県)、白鳥 綾(DF:大阪府)、川上直子(MF:兵庫県・神戸FCレディース)、山本絵美(MF:神奈川県)、 柳田美幸(MF:神奈川県)、 大谷未央(FW:兵庫県・啓明女学院)、鈴木智子(FW:神奈川県)の7選手が選ばれました。
※名前の後の()はポジション:出身地です。

【スケジュール】
・西練習会

11月18日(火)午後 トレーニング
11月19日(水)午前 トレーニング
        午後 練習ゲーム

・東練習会

11月4日(火)午後 トレーニング
11月5日(水)午前 トレーニング
       午後 練習ゲーム


第15回全国レディースサッカー大会 (2003.10.28)

 11月21日(金)から、静岡県の清水市ナショナルトレーニングセンター(J−STEP)ほかで、2002FIFAワールドカップTM開催1周年事業として『第15回全国レディースサッカー大会』に前回優勝チームとしてアジュール兵庫が、45歳以上オープン大会に神戸FCマミーズが出場します。

オープン組み合わせはこちら>>(PDF)
本大会組み合わせはこちら>>(PDF)


U-22日本代表(香港・カタール) 遠征選手発表 (2003.10.28)

 日本サッカー協会から、10月29日からの香港・カタールエジプト遠征に参加するU-22日本代表チームの選手発表がありました。神戸から北本久仁衛(DF:ヴィッセル神戸)が選ばれました。
※名前の後の()はポジション:所属チームです。

スケジュールは下記のとおりです。
○10月29日(水)  20:00(現地時間) 対 香港代表   香港・モンコックスタジアム
○11月3日(月・祝)20:30(現地時間) 対 カタール代表 カタール・アルイテハドスタジアム


第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会に関西学院大学出場 (2003.10.28)

 11月20日から行われる、第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会の全出場チームが決定いたしました。
 兵庫県からは関西学院大学が出場し、11月20日13:00から、姫路市立陸上競技場でサンフレッチェ広島と対戦します。
 組み合わせはこちら>>>(日本サッカー協会の組み合わせ表です。)


少年フットサル大会兵庫県大会でマリノFCが準優勝! (2003.10.27)

 第13回全日本少年フットサル大会兵庫県大会が10月25日・26日の両日、兵庫県たんば総合スポーツセンター体育館で開催されました。

 神戸からは神戸市予選で第一代表となった小部キッズFC、第二代表のマリノFC、第三代表の学園小寺SCの3チームが出場。1次予選リーグでは小部キッズFCとマリノFCの2チームがいずれも1位で通過し、2次予選リーグに駒を進めたが、学園小寺SCは惜しくも1次予選リーグで敗退。大会2日目は、小部キッズFC、マリノFCが共に2次予選リーグを1位で通過し、準決勝に進出。小部キッズFCが健闘もむなしく兵庫FCに敗れ、残念ながら神戸市代表同士の決勝戦は実現されなかった。決勝戦に進出したマリノFCは、兵庫FCに善戦及ばず3−7で敗れて準優勝に終わりました。


第15回神戸市知的障害者フットサル大会 (2003.10.22)

 第15回神戸市知的障害者フットサル大会が10月12日(日)神戸総合運動公園多目的グラウンドで行われた。
 この大会はI部・II部に分かれ、それぞれ順位を競うという方式で行われた。I部は予選リーグから1敗もぜず勝ち進んだ「さわらび学園」が優勝。II部は「共に歩む会(B)」が優勝。その他の結果は次のとおり。
[I部]
 準優勝:共に歩む会(A)
 第3位:陽気会
[II部]
 準優勝:ひふみ園
 第3位:神戸養護学校


「03全員集合フットサル大会」開催 (2003.10.22)

 10月5日(日)神戸総合運動公園球技場で「03全員集合フットサル大会」(主催:神戸市勤労者福祉共済、主管:神戸市サッカー協会)が開催された。
 経験者、未経験者、老若男女が入り乱れ、60チームが参加してスポーツの秋を満喫。大会各ブロックの優勝チームには、表彰状と盾及び商品が贈られた。

優勝チームは以下のとおり
[1ブロック]ヴィッセル神戸FSC
[2ブロック]チーム藤井リターンズ
[3ブロック]テントレーズSP
[4ブロック]FCアルコバレーノ
[5ブロック]FC族一


神戸市総体・サッカーの部優勝は垂水区 (2003.10.13)

 2003年度神戸市総体・サッカーの部の決勝・3位決定戦が、いぶきの森グランドにて行われました。
  決勝は連覇を狙う垂水区と2年ぶりの優勝を狙う灘区との対戦で、垂水区が常にリードを保ちながら終盤にも加点し、3−1で勝利し、2連覇を飾りました。

1位の垂水区 2位の灘区

 また、決勝に先立って行われた3位決定戦は、中央区と西区の対戦。前後半1点ずつを挙げ西区の追撃を1点に抑えた中央区が3位となりました。

3位の中央区 4位の西区

2003年度全国高校サッカー選手権大会県大会出場チーム (2003.10.13)

 10月4日に、長田高校、神戸高塚高校で行われた敗者復活戦の結果、2003年度全国高校サッカー選手権大会の神戸市代表が出そろった。

 滝川第二・神戸弘陵・御影工業・神戸国際附・神戸朝鮮のシード校5チームと、星陵・神戸高塚・長田・須磨友が丘・滝川・兵庫を合わせた11チームが、神戸市代表として県大会に出場する。


50歳以上の大会に続き40歳以上でも全国制覇! (2003.10.9)

 日本サッカー協会主催 平成15年度全国シニア(50歳以上)サッカー大会において、兵庫県選抜が優勝したことは、すでにお知らせいたしましたが、この度、9月20日(土)〜9月23日(火)に和歌山県下で行われたシニア年代の全国総合大会「第3回日本スポーツマスターズ2003」においても、40歳以上世代が見事全国制覇を成し遂げました。

 県下各地から選抜された兵庫県選抜は、安定した試合運びで他チームを圧倒し、全5試合を完封(無失点)して、50歳世代と同じく、見事”完全優勝”を果たしました。

 全国大会で優勝したシニア年代の兵庫県選抜チームには、神戸市シニアサッカーリーグに参加されている多くのメンバーが選抜されており、神戸市シニアリーグは全国トップクラスのレベルであることが実証されました。

 双方の代表(選抜)メンバーは以下のとおりです。また、試合記録はシニアページに掲載しますので、そちらもご覧下さい。

[兵庫県シニア(40歳以上)選抜メンバー]( )は所属協会名

GK 松岡 泰典(神戸) 沼田 和司(東播)    
DF 松永 正利(神戸) 西田 正雄(神戸) 田中 康博(神戸) 松山  伸(淡路)
  杉浦  弘(尼崎) 前田 晋吾(姫路)    
MF 前田 正司(神戸) 中村 栄二(神戸) 柳  富雄(神戸) 水野  修(東播)
  野澤 秀至(東播) 船木 茂浩(淡路)    
FW 久保 正夫(神戸) 矢野 和哉(神戸) 金  在圭(神戸) 岡崎 有三(尼崎)
  朝倉 耕三(西宮) 花房(尼崎)    

[兵庫県シニア(50歳以上)選抜メンバー]( )は所属協会名

GK 三浦 耕二(神戸) 宮田  章(西宮)    
DF 松永 正利(神戸) 山田 和平(神戸) 問谷 明生(神戸) 大竹 輝雄(神戸)
  岡本  勲(神戸) 本下 栄伴(神戸)    
MF 細谷 一郎(神戸) 来田 勝義(神戸) 井関 隆陽(神戸) 佐藤 忠志(神戸)
  鄭  基権(神戸)      
FW 岡中 正安(神戸) 山田 一弘(神戸) 加藤 光雄(神戸) 増野 秀明(神戸)
  杉田 隆正(西宮) 武内 吉孝(北摂) 下山 卓士(姫路)