ニュース・トピック (2005年3月) バックナンバー≫

関西小学生兵庫県大会でFCライオスJrが準優勝!(2005.3.23)

3月12日、13日尼崎記念公園陸上競技場で第11回関西小学生サッカー大会兵庫県予選が行われ、神戸市から予選を勝ち抜いたFCライオスJrと新多聞SCが参加しました。

FCライオスJrは1回戦、2回戦、準決勝を順調に勝ち進み決勝戦へ。決勝戦では西播磨代表の龍野JSCと対戦、0−0のまま延長戦へ突入しましたが、1点を奪われ準優勝に終わりました。また、新多聞SCは初戦で兵庫FCに残念ながら0−2で敗れました。

準優勝のFCライオスJrは3月26日〜28日から万博競技場で行われる関西大会に出場します。

【監督のコメント】
どうしても今の6年生と比べられる5年生。まだまだ課題は多いですが、仲間同志の絆が強いチーム。一丸となって闘いました。決勝は残念でしたが、来年の神戸2枠を確保できて良かったです。関西大会は「チャレンジャー」として1つでも多くのことを学んできたい。(大木宏之)

< 主な結果>
1回戦 3−0ミラクル洲本(淡路代表)
2回戦 4−0尼崎南(尼崎代表)
準決勝 1−0三樹平田(北播代表)
決勝  0−0(延長0−1)龍野JSC(西播代表)


バンヴェール兵庫が10年ぶり9回目の優勝!(2005.3.13)

第22回(平成16年度)兵庫県女子サッカーリーグ最終節が、3月6日(日)神戸総合運動公園球技場で開催された。


優勝はバンヴェール兵庫で10年ぶり9回目の優勝。 準優勝は北五葉ウイング、第三位神戸FCマミーズ、第四位トパーズ神戸(以上のチームは7月の関西大会出場)。


優勝したバンヴェール兵庫イレブン

星取り表はこちら≫(PDF)


神戸市少年少女サッカーを励ます会講演会(2005.3.6)

 平成17年2月26日(土)西神南セリオホールにて励ます会恒例の講演会が開催されました。

 今回は、神戸大学医学部保健学科助教授伊藤浩充氏をお招きし「少年少女に多いケガとその対処法」をテーマにご講演頂きました。スライドで細やかな事例説明をのあとは質問コーナーでは多数の質問が寄せられました。

「かかとの痛み」の対処法から「運動量の適正」まで数多い質問は会場、約180名参加者でおおいに賑わい「とても参考になり良かったです」との感想でした。

 


第7回あじさいライオンズ杯決勝 (2005.3.6)

  2月27日(日)しあわせの村運動広場で第7回あじさいライオンズクラブ杯少年サッカー大会の決勝が行われました。冬に逆戻りしたこの日、6年生の部から3年生の部までの4部ブロックの決勝がおこなわれ、6年生の部では西神、5年生の部は女子トレセン5年、4年生の部は新多聞、3年生の部でマリノが優勝しました。

その他の結果はこちら>>

6年生の部 優勝 西神 5年生の部 優勝 女子トレセン5年
3年生の部 優勝 マリノ 4年生の部 優勝 新多聞