ニュース・トピック(2006年1月) バックナンバー≫

春季ライオンズクラブ杯開幕! (2005.1.18)

 1月15日(日)第22回神戸兵庫シティライオンズクラブ杯春季新人戦が開催されました。
完成間近な神戸フットボールパーク岩岡に約800人が集合。ライオンズクラブ副会長からご挨拶いただき、FCライオスjrのアオヤギ君の力強い選手宣誓で開幕しました。この大会は1月29日(日)の決勝まで行われます。

 今回この開会式にU-19日本代表であり高校選手権でも活躍した森島選手(神戸NK〜セレッソ大阪Jry〜滝川第二〜セレッソ大阪)が駆けつけてくれ、子供たちに熱い声をかけてくれました。子供たちも目指せ日本代表!


神戸フットボールパーク岩岡が利用開始 (2005.1.18)

 1月15日(日)11月から工事の始まった神戸フットボールパーク岩岡で春季ライオンズクラブ杯が行われました。
  グラウンドは前日の雨にも関わらずまずまずの状態でスタート。しかし駐車スペースが最悪のコンディションになり、利用者の方々には大変ご迷惑をおかけしました。お詫び申しあげます。
 今後も順次整備を続けて参りますのでご理解、ご協力お願いします。


New year soccer 2006 開催! (2005.1.18)

 1月7日(土)8日(日)の両日、しあわせの村で「朝日新聞社杯 2006 KOBE NEW YEAR SOCCER」大会が行われました。
 この大会は男子の部に市外チーム6チーム、地区選抜4チーム、神戸市トレセン(5年生)2チームの12チームと、女子の部に市外チーム10チーム、神戸市トレセン2チームの12チーム、計24チームが参加。
 男子の部は西地区選抜が予選を順調に勝ち上がり、決勝トーナメントへ。準決勝では6年生のスピードに慣れてきた神戸市トレセン5年に中盤を支配されるものの、3−1で振り切り決勝へ進出した。決勝では因縁の北地区選抜と対戦。前半から一進一退の試合展開になるものの相手攻撃をしのいだ西地区選抜が4−1で破り見事優勝を飾りました。神戸市トレセン5年生は6年生相手に善戦したが、惜しくも3位に終わった。

 女子の部は大阪府選抜U−12が予選から危なげなく勝ち上がり優勝。みごと5連覇を飾りました。
詳しい結果はこちら>>


少年サッカーリーグの表彰式が行われる (2005.1.18)

 1月8日(日)、しあわせの村で「2005年度少年サッカーリーグ」の表彰式が行われました。
ニューイヤー大会の熱戦にあとに表彰チームが集まり、各部の1位〜3位までのチームが朝日新聞社杯やメダルを授与しました。

<おもな結果>
1部A(六甲リーグ)
優 勝:ライオスJr・A
準優勝:神戸FC・A
第3位:新多聞A
2部A(六甲リーグ)
優 勝:神戸FC・B
準優勝:若草B
第3位:高倉台B

3部A(六甲リーグ)
優 勝:若草C
準優勝:フレスカD
第3位:神の谷C
4部(女子)
優 勝:ソレイユ神戸
準優勝:フィオーレ
第3位:板宿


U-19日本代表チームカタール遠征に神戸ユースの柳川雅樹、滝川第二の森島康仁が代表入り (2005.1.11)

 カタールで行われるカタール国際ユース(1月21日〜2月1日)に、ヴィッセル神戸ユースの柳川雅樹選手(弥生FC→ヴィッセル神戸ジュニアユース→ヴィッセル神戸ユース)と滝川第二高校の森島康仁選手(神戸NKサッカークラブ→セレッソ大阪U−15→滝川第二高校)が選出されました。


柴垣勇輝選手、土井良太選手がヴィッセル神戸に加入内定 (2005.1.10)

 滝川第二高校の柴垣勇輝選手(18)、神戸弘陵高校の土井良太選手(18)がヴィッセル神戸の2006年シーズンの新加入選手として内定した。柴垣選手(172cm、62kg・MF)は、社FC〜神野FC〜滝川第二高校出身。土井選手(190cm、80kg・FW)は、五色FC〜神戸弘陵高校出身で、2005年の兵庫県国体選抜。