ニュース・トピック(2006年10月) バックナンバー≫

U-19日本代表に、柳川、森島、香川選手が選出 (2005.10.20)

 10月29日から開幕する、AFCユース選手権大会インド2006のU-19日本代表チームのメンバーに、神戸出身の柳川雅樹選手(弥生FC〜ヴィッセル神戸ジュニアユース〜ヴィッセル神戸ユース〜ヴィッセル神戸)と森島康仁選手(神戸NKサッカークラブ〜セレッソ大阪U-15〜滝川第二高校〜セレッソ大阪)、香川真司選手(神戸NKサッカークラブ〜FCみやぎバルセロナジュニアユース〜FCみやぎバルセロナユース〜セレッソ大阪)が選出されました。香川選手は飛び級選出(17歳)です。

柳川雅樹選手のコメント
まずは選ばれたことを光栄に思います。いま、チーム(ヴィッセル)は本当に大切な時期なのですが、代表でプレーすることは自分自身の成長にもつながると思うので、選ばれたからには代表チームのために少しでも力になれるように頑張りたいです」(quoted from ヴィッセル神戸オフィシャルサイト

森島康仁選手のコメント
香川選手と一緒に選ばれ、大変嬉しいです。 二人で頑張ってワールドユース(U-20ワールドカップ2007)の出場権を獲得したいと思います。皆さん応援よろしくお願いします

香川選手のコメント
アジアユース選手権のメンバーに選ばれ大変嬉しく思うと同時に、日本代表としての責任を感じます。これからは負けられない戦いが続きますが、ワールドユース出場という切符を持って帰ってきたいと思います」(quoted from セレッソ大阪オフィシャルサイト

※香川真司選手は「広報紙 神戸のサッカー」で特集しています。


高円宮杯(U-15)、県大会で神戸FCが優勝! (2005.10.18)

 10月15日(日)いぶきの森グラウンドで第40回兵庫県中学生サッカー選手権大会(高円宮杯)の決勝と5位決定戦が行われました。決勝戦は神戸FCとライオスの神戸対決に。最初FCライオスが優勢でしたが、後半神戸FCの10番棚橋君が右サイドに流れてゴールをあげました。これが決勝点となり1−0で神戸FCが優勝を飾りました。FCライオスは準優勝。5位決定戦はヴィッセル神戸がイルソーレ小野を2対0で破り勝ちました。

 関西大会には、神戸FC、FCライオス、伊丹FC、フレスカ神戸、ヴィッセル神戸、の5チームが出場します。

【神戸FC 倉コーチ コメント】
「今大会は受験を控えた3年生にとって、なかなかサッカーに集中しにくい状況でしたが、各選手が高い意識を持ち、今までの積み重ねや経験を試合でしっかり発揮してくれました。関西大会では、厳しい試合になるとは思いますが、夏に達成できなかった大きな目標をつかむために強い意思を持ちチャレンジしていきたいと思います」


優勝した神戸FC


準優勝のFCライオス

詳しくは3種のページをご覧下さい≫


滝川第二高校が高円宮杯優勝!! (2005.10.11)

10月9日、埼玉スタジアム2002にて高円宮杯第17回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会の決勝が行われ、滝川第二高校が名古屋グランパスエイトU-18に3-0で勝ち初優勝した。

名古屋グランパスエイトU-18 0-3 滝川第二高校
[得点者]
滝:19分 森本 健太
滝:80分 多田 高行
滝:87分 友定 晃大

【滝川第二高校・黒田監督のコメント】
「すごいことになった。充実感でいっぱいです。前半、名古屋の鋭い出足に苦しめられましたが、今大会で初めて無失点で抑えられたのが収穫です。皆さんの力で日本一になれました」