ニュース・トピック(2006年11月) バックナンバー≫

第39回兵庫県少年サッカー大会 (2006.11.22)

2006年11月18日(土)19日(日)に但馬ドーム他で第39回兵庫県少年サッカー大会が行われました。
神戸からこの大会に秋季ライオンズクラブ杯を勝ち抜いたFCライオスJr、ヴィッセル神戸Jr(6年以下の部)FCライオスJr(4年以下の部)が出場しました。
6年以下の部では、FCライオスJrが途中PK戦による厳しい試合を勝ち抜き決勝へ進出。決勝戦は西宮少年SSと対戦しましたが、延長でも両者得点が入らずPK戦へ。PK戦は惜しくも5−6で破れ準優勝になりました。ヴィッセル神戸Jrは1回戦敗退。

4年以下の部でもFCライオスJrの勢いは止まらず、1回戦から順調に勝ち進み見事優勝を飾りました。
なお、6年以下の部、4年以下の部のFCライオスJrは関西大会に出場します。


FCライオスJr.

大木監督のコメント(U12)
「4年生のときは神戸市初戦敗退だった、今年のチームは本当に逞しくなりました。厳しい試合を今回勝てたのは、これまでの失敗を糧に成長した証かもしれません。神戸のレベルが高かったため、予選から厳しい試合が続いた経験が県大会でも生きました。また、次年度の神戸枠を2つに出来たことにも、ホットしています。小学生最後の公式戦である関西大会は、ライオスらしい個を生かした展開を披露したいと考えています。」

U12県大会結果

1回戦:3−0江井ヶ島(明石代表)
2回戦:1−0兵庫FC(東播代表)
準決勝:0−0(PK5−4)宝塚Jr(北摂代表)
決勝戦:0−0(延長0−0)(PK5−6)西宮SS(西宮代表)

三木監督のコメント(U10)
どのチームよりも小さなチビッコ軍団でしたが、ピッチの上では逞しく溌剌とプレーしていました。初戦から準決勝までは点差程の楽なゲームはなく厳しいゲームが続きましたが、決勝戦ではライオスサッカー全開の最高のゲームで締め括る事が出来ました。この経験を活かし、3月の関西大会では夢の全国大会の舞台に向け、個性を発揮しライオスサッカーを貫いて頑張りたいと思います。

U10県大会結果

1回戦:6−0三樹平田(北播代表)
2回戦:2−1西宮SC(西宮代表)
準決勝:2−0兵庫FC(東播代表)
決勝戦:3−1武庫JSC(尼崎代表)