ニュース・トピック(2007年4月) バックナンバー≫

少年サッカーリーグ開会式 (2007.4.15)

 平成18年4月14日(土)VISSELホームゲーム開始前にホームズスタジアムで神戸市少年サッカーリーグ開会式が開催されました。

 約3,500人が参加。ピッチにはプラカードを持ったキャプテンがそろい、「見てる人にも感動与えられるように頑張ります」とライオスJrの戸田君が力強い選手宣誓。試合開始前には人文字を作り試合も盛り上げました。また、少年少女選手激励にはヴィッセル神戸入団の土井康平選手(旧学園小寺〜ヴィッセルジュニアユース〜ユース〜トップ)が挨拶、地元神戸出身選手がプロ選手として、またホームタウンチーム・ヴィッセルで活躍することは、これからも少年少女の大きな励みとなるこでしょう。

少年サッカーリーグ開幕少年サッカーリーグ開幕

 同時に指導者永年功労授賞式も行われ、長年「神戸のサッカー」を支えられている皆様を表彰しました。

少年サッカーリーグ開幕
指導者永年功労受賞者


平成19年度兵庫県女子リーグ戦開幕! (2007.4.11)

4月1日(日)、雨上がりのしあわせの村芝生グラウンドにて、平成19年度兵庫県女子リーグが開幕された。

昨年度優勝杯等返還から始まり、昨年度フェアプレイ賞と永年功労賞3名の方々への授与式に引き続き、今年度J1昇格をきめたヴィッセルからも選手サイン色紙ジャンケンプレゼントを交えての和やかな開会式が執り行われた。

女子リーグ開幕女子リーグ開幕

桜の花もようやく色づき始め、前年度優勝チーム多井畑キャロッツキャプテンによる元気いっぱいの選手宣誓で今年もまた熱戦が繰り広げられる。

女子リーグ開幕女子リーグ開幕

女子リーグ開幕女子リーグ開幕
女子リーグ開幕女子リーグ開幕女子リーグ開幕

JA全農杯チビリンピックでライオスJrが準優勝! (2007.4.11)

チビリンピックJA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカー大会in関西が3月10・11日に和歌山県紀三井寺陸上競技場で行われました。この大会に兵庫県代表としてFCライオスJrが出場。4年生年代の初の全国大会予選に、選手達は兵庫県、そして神戸市の代表として堂々とプレーしてきました。決勝戦は奈良県の高田に惜しくもPK戦で敗れ、準優勝になりました。

どの試合でも自分達の最大の武器である個性を武器に、積極的にしかけ、積極的にボールを奪いにいくライオスサッカーをどの試合でも発揮し、試合を支配する事が出来ました。決勝戦は惜しくもPK戦で敗れはしましたが、試合自体は関西大会決勝という最高の舞台で、選手達が躍動する素晴らしい試合を行う事が出来ました。見ている人たちが応援したくなる・感動する試合が出来たと思います。これも普段から交流を頂いております神戸市各チームの皆様に鍛えて頂きましたおかげだと思います。応援・ご支援頂きました皆様、有難うございました。

FCライオス 三木利章
チビリンピック

(予選リーグ)
4−1 vs矢倉FC(滋賀県1位)
5−0 vsヴァレンティア(和歌山2位)
※予選1位で決勝トーナメント進出

準々決勝:3−0 vs高田FC大和(奈良2位)
準決勝 :5−0 vs菟道(京都2位)
決 勝 :0−0 延長0−0 PK4−5 vs高田(奈良1位)