ニュース・トピック(2008年5月)
バックナンバー≫≫

第32回全日本少年サッカー大会 神戸市予選 優勝は神戸FC! (2008.5.14)

5月11日(日)神戸フットボールパークで第32回全日本少年サッカー大会の準決勝と決勝が行われました。
決勝は、共にここまで無失点で勝ち上がってきた神戸FCとFCライオスジュニアとの対戦に。両チームとも中盤での早いプレッシャーの下、高い技術を発揮しました。試合はお互いに最後まで積極的にゴールを奪いにいくが両チーム一歩も譲らずスコアレスドローのままPK戦へ。PK戦も9人目の選手まで蹴ったが、最後は神戸FCのゴールキーパーがシュートをストップし、神戸FCの2年連続の優勝が決まりました。
優勝の神戸FC、準優勝のFCライオスジュニアの両チームは神戸市代表として6月14日・15日に兵庫県立但馬ドーム・芝グラウンドで開催される兵庫県大会に出場。神戸市代表の両チームの活躍を期待します。

【準決勝】
FCライオス 3−0(前半0−0) 若草
神戸FC 4−0(前半2−0) 井吹台

【3位決定戦】
若草 0 (2)−(1) 0 井吹台

【決勝戦】
神戸FC 0 (7)−(6) 0 FCライオス
PK
神戸FC○○○×○○○×○
ライオス○○×○○○○××


優勝 : 神戸FC
準優勝: FCライオスジュニア
第3位: 若草少年SSD
第4位: 井吹台SC

神戸FC
神戸FC
FCライオスジュニア
FCライオスジュニア