ニュース・トピック
バックナンバー≫≫
的崎睦子さんがひょうご未来女性「縹」賞を受賞(2012.12.29)

平成24年12月、「ひょうご女性未来会議」が選定する今年度の「縹(はなだ)」賞に、女子1級審判員としてなでしこリーグ等で活躍する 的崎睦子さんがめでたく選ばれました。

ご本人のコメントをご紹介します。

「この度、2012年度の縹賞に選ばれ受賞させていただきました。長年やっている少年チームの指導、そしてそれをきっかけに始めた審判活動、これらのことを通じ選手をしていたころ気付かなかったサッカーのさまざまな魅力を感じ、それをたくさんの人に伝えることでまた自分の活力になりがんばってまいりました。

また私が今ここにいることは、指導を通じいろんな可能性を秘めた子供たちに出会えたことや試合・大会などを通じたくさんの方に出会えたこと、そしてそれをきっかけに始めた審判では、のじぎく国体を目指し多くの方にサポートしていただき2級まで上がれたこと、その後も手厚いご指導・支援をいただき女子1級まで上げていただき、また新たな世界をみれることができたのは、今この賞の受賞を喜んでくださっている皆様のおかげであり、一緒に受賞した賞だと思っています。

今、兵庫県では女子審判員の育成に課題を置いていますが、今度は私も微力ながらサポートさせていただき、兵庫県で輝く次の女性をサッカー界から誕生できればいいなとがんばっていきたいと思います。
これからも私一人の力では何もできませんので、ご支援宜しくお願いいたします」

※縹賞とは、21世紀の美しい兵庫づくりを担うこれからの女性たちの活躍を応援する賞で、県内の若手女性から年間3名のみが選ばれます。

第15回神戸ウイングスタジアム・サッカー指導者研修会のご案内(2012.12.11)

2013年1月20日(日)にホームズスタジアム神戸にて第15回神戸ウイングスタジアム・サッカー指導者研修会(参加費無料、講師:大野真氏、定員100名)が開催されます。

詳細はこちら(PDF)≫

兵庫県レディース・サッカー・クリニック2012 参加者募集!(2012.12.7)

近年のなでしこジャパンの世界での活躍は、目を見張るものがあります。 サッカーは、男女誰でも、初心者から熟練者まで、どの年代であっても気軽に楽しめるスポーツの一つです。

本年11月、神戸市内に竣工された「神戸レディースフットボールセンター」を利用し、県内の女子サッカーの一層の普及とレベルアップを図るため、下記の通りレディース・サッカー・クリニックを開催します。

このクリニックには、18歳以上の女性であれば初心者でもレベルに関係なく、誰でもが 参加することが出来、参加者の中でレベルに合わせてグループをつくり、JFA公認コーチが安全に楽しくサッカーの手ほどきをしてゆきます。

健康つくりに、お友達つくりに是非お気軽にご参加ください。

募集要項はこちら(PDF)≫

お申し込み用紙はこちら(PDF)≫

黒田和生氏の記事が掲載されました(2012.10.18)

神戸FC、滝川第二高校、ヴィッセル神戸で指導された黒田和生氏の記事が毎日新聞(2012年10月11日)の兵庫版「年年歳歳」に掲載されました。
現在、JFAアジア貢献事業コーチとして台湾で活躍されています。
掲載記事の切り抜きはこちら(PDF)≫

神戸市スポーツ功労者表彰(2012.9.2)

平成24年9月2日、第61回神戸市総合体育大会開会式において,丸山明夫氏と山名康雄氏のお二人が他の競技団体の方々とともに神戸市スポーツ功労賞を受賞されました。

丸山氏は少年サッカーリーグにおける審判指導を,山名氏は中学生年代の競技指導の場における長年のご尽力ご活躍に対して,そのご功績を讃えられました。

本庄FC
神戸市スポーツ功労賞受賞の丸山明夫氏(左)と山名康雄氏(右)

第22回全日本少年フットサル大会神戸市予選 優勝は本庄FC(2012.7.30)

バーモントカップ第22回全日本少年フットサル大会神戸市予選が7月28、29日、デウソン神戸フットサルパーク po-iにて行われた。本庄FCが優勝、センアーノ神戸が準優勝。

本庄FC
優勝の本庄FC
センアーノ神戸
準優勝のセンアーノ神戸

神戸市女子トレセンが優勝(2012.7.27)

7月16日(祝) 晴天の下、しあわせの村運動広場にて、第12回 兵庫県選抜少女サッカー大会が行われた。今年度は県下8チームがトーナメント方式で、熱戦が繰り広げられました。

神戸市女子トレセンは、初戦の姫路女子戦をPK戦で勝利し、その後も厳しい試合を勝ち抜き、見事7年ぶりの優勝を果たしました。神戸のなでしこに大きな拍手を! 神戸市女子トレセン

フットボールパーク岩岡の苗植えイベント報告(2012.6.25)

6月17日(日)にフットボール岩岡にて苗植えイベントを行いました。
当日は前日の大雨も上がり、無事実行できました。
フィールドはぬかるんで大変でしたが、300人を超える参加者のおかげでほぼ40分間ほどで終わりました。
4回目となりましたが、芝生も強くなり裸地部分も少なくなってきていますが、使うことを優先するので、毎年この時期に皆さんのご協力をお願いします。

フットボールパーク岩岡のメインテナンス状況(2012.5.7)

5月1日に神戸市消防の有志のお手伝いをいただき、土グランドの溝掃除及び雑草の刈り込みを行いました。それに伴い新しい刈払機(マキタ エンジン刈払機 MEM2651UH×2個)を購入いたしました。(以前の2機は借りものだったため、返却済みです)
大事に使用してください ガソリン専用です。
注)混合油を使用しないでください!(4サイクルオイル使用)

フットボールパーク岩岡のメインテナンス状況(2012.4.26)

先日の強風により、更衣室が移動しておりましたので、元の位置に戻しました。
また、以前から気になっておりました、Bコートの溝の砂と泥を撤去しました。

壊れておりましたエアコン(運営棟1機、放送室1機の計2機)を今月中に取り替え予定です。

「神戸レディースフットボールセンター」の建設を応援しよう!(2012.3.22)

現在、神戸市体育協会と兵庫県サッカー協会が、六甲アイランドに女子サッカーのメッカとなる「神戸レディースフットボールセンター」を建設する計画(平成24年秋竣工予定)を進めています。

観覧席の設置や子供達のためのキッズスペースの充実のための募金を募っております。

地元神戸の施設のため、ぜひみなさまのご協力をお願いします。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください≫

eラーニングの追加受講について(2012.3.1)

神戸市協会でのラーニング[審判]も2月29日で終了になりました。

いまだ受講されていない方のために、以下の通り県サッカー協会でのラーニングを立ち上げています。(サッカー・フットサル両方)

未受講の方は、Webから受講をお願いします。

eラーニング (追加) 申込期間 3月1日〜3月24日 受講期間 3月1日〜3月25日

第4回神戸市サッカー協会医科学講習会のお知らせ(2012.2.26)

第4回神戸市サッカー協会医科学講習会を3月3日(土)17時半から神戸市勤労会館7F大ホールにて行います。(後援:神戸市教育委員会、神戸市体育協会、NPO法人神戸アスリートタウンクラブ)

今回の内容は、 「ジュニアサッカー選手のスポーツ傷害」 「内科的スポーツ障害(突然死、貧血、痛風など)」です。

皆様お誘い合わせの上、ぜひご出席くださいますよう、よろしくお願いいたします。(※参加費無料、定員500名)

詳細はこちら≫

春季ライオンズクラブ杯、優勝はヴィッセル神戸Jr.と井吹台SC(2012.2.7)

2月5日(日)晴天の下、第28回神戸兵庫シティライオンズクラブ杯春季新人戦の決勝戦など熱戦が、しあわせの村運動広場にて、とりおこなわれました。
男子の部はヴィッセル神戸Jr。女子の部は井吹台SCがみごと優勝しました。
以下は、試合後の優勝監督、コーチのコメントです。

<男子の部優勝>
ヴィッセル神戸U-12 監督のコメント
「選手たちが、本当に良く頑張ってくれました。 又、課題も沢山見つかりました。それらを今後に向けて修正していきたいと思っております。そして県大会では来年度の神戸FAからの出場2枠を目指して、頑張りたいと思っております。 関係者皆様、有難うございました」ヴィッセル神戸U-12

<女子の部優勝>
井吹台サッカークラブ コーチのコメント
「しんどい試合でしたけど、よく勝ちきれました。日頃の練習の成果が発揮できたのではと思っております。子供たちには本当に感謝しています。感動しました」息吹大サッカークラブ

コーチングスクール中止のお知らせ(2012.1.27)

中止日時:2月10日(金)
中止理由:神戸市立磯上公園球技場が1月30日から2月29日までグラウンド隣接のフェンスの改修工事でグラウンドの利用が出来ない為。

新人戦神戸地区予選で滝川第二高校が優勝(2012.1.11)

1月9日、王子陸上競技場にて平成23年度の新人大会神戸地区予選決勝が行われ、滝川第二高校が神戸弘陵高校を2−1で破り優勝した。
3位決定戦では星陵高校が3-0で須磨友が丘高校をくだし、1位滝川第二、2位神戸弘陵、3位星陵、4位須磨友が丘となった。
1月21日からの県大会へは滝川第二・神戸弘陵・星陵・須磨友が丘・須磨東・神戸国際附・御影・神戸科技・育英・長田の10チームが参加予定。
トーナメント結果はこちら≫

INAC神戸レオネッサが全日本女子選手権2連覇!(2012.1.2)

2011年度なでしこリーグを無敗優勝を飾ったINAC神戸レオネッサが、全日本女子サッカー選手権大会で昨年に続き決勝に進出。新潟を相手に3-0で勝利をおさめ2連覇!