ニュース・トピック
バックナンバー≫≫


甲南クラブ 兵庫県社会人リーグ2部へ昇格!(2013.12.2)

11月3日より開催されていた平成25年度県下社会人都市リーグ決勝大会において、神戸市リーグより出場していた神戸ビートルズAと甲南クラブの2チームが決勝リーグに進み、本大会において甲南クラブが優勝しました。これにより甲南クラブは2014年度 兵庫県社会人リーグ2部への昇格が決まりました。

『第17回神戸ウイングスタジアム・サッカー指導者研修会』のお知らせ(2013.11.1)

神戸ウイングスタジアム株式会社主催の『第17回神戸ウイングスタジアム・サッカー指導者研修会』が11月16日(土)ノエビアスタジアム(神戸ウイングスタジアム)研修室・芝生広場で開催されます。本研修会は、サッカー指導者のみならず。広くスポーツ指導者に対して提供し。指導者の資質向上ならびに兵庫の子供達に対しての最良のトレーニングプログラムの研究・構築の環境を創造していくことを目指しています。

本研修会に興味をお持ちの指導者 100名(受付は、先着順とします)を対象。申込締切は、11月7日。要項に記入してある手順に従ってお申込下さい。

詳しくは、(PDF資料)をご参照下さい。

4級審判講習会日程の訂正(2013.10.14)

神戸協会登録の4級審判員の皆さまに、郵送しました2014年度・登録に向けての更新講習会の日程に登録審判員の方からのご指摘で、ミスプリントがわかりました。ご迷惑おかけし申し訳ありません。
(誤) 第3回 H26年2月1日(土) 18:00〜 けんみんホール
              ↓
(正) 第3回 H26年2月8日(土) 18:00〜 けんみんホール

ユーハイムスポーツフォーラム2013(2013.10.13)

公益財団法人ユーハイム体育・スポーツ振興会主催の「ユーハイム・スポーツフォーラム2013」が11月30日(土) 13:00〜、兵庫医療大学(ポートアイランド)講義室M-112にて行われます。 本フォーラムに興味をお持ちのスポーツ指導者200名(受付は先着順とします)を対象(参加無料)。申し込み締め切りは11月10日。

所定の参加申込書にて下記事務局へFAX、またはホームページからお申し込みください。

お申し込み、お問い合わせは、公益財団法人ユーハイム体育・スポーツ振興会事務局まで。
〒650-0046 神戸市中央区港島中町7丁目7番4号
TEL078−302−1001・FAX078−302−7391
メール:sport.foundation@juchheim.co.jp
http://juchheim-sport.com/

詳しくは(表面PDF)(裏面PDF)を参照ください。

2013年神戸兵庫ライオンズクラブ杯秋季大会結果(2013.10.1)

2013年神戸兵庫ライオンズクラブ杯秋季大会の決勝が9月23日(祝)神戸ユニバー記念競技場で行われました。 絶好のコンディションのなか熱戦が繰り広げられました。結果は下記のとおり
・1部優勝 FCフレスカ神戸
・2部優勝 井吹台サッカークラブ
・3部優勝 センアーノ神戸Jr.
・女子優勝 多井畑フットボールクラブ


1部優勝 FCフレスカ神戸

2部優勝 井吹台サッカークラブ

3部優勝 センアーノ神戸Jr.

女子優勝 多井畑フットボールクラブ
'89フェスピック神戸大会記念「日本身体障害者サッカー親善大会」(2013.9.20)

9月7日(土)、8日(日)の二日間、神戸市北区しあわせの村で「'89フェスピック神戸大会記念日本身体障害者サッカー親善大会」が開催されました。

多くの県外の方を含む参加者が集い、初日は懇親会を実施。再会を喜ぶ選手に向けて、神戸市サッカー協会益子会長や主催者のJリーグを代表しヴィッセル神戸和田副社長や 神戸市社会福祉協議会の木原事務局長がエールを送りました。

開会式
開会式

二日目はあいにくの雨の中運動広場に場所を移し、始まりましたがすぐに雨が上がり、フェスピックOB等障碍者チームと神戸 市内ママさんチームが2試合、ハーフコートで神戸CP(脳性マヒ)サッカーチームとママ さんチームが1試合を行いました。身体に障害があっても足元の技術に長けた 選手が多くいて、拮抗した熱戦となりました。
 第1戦 ママさんチーム 3−2 フェスピックチーム
 第2戦 ママさんチーム 2−2 神戸CPチーム
 第3戦 ママさんチーム 2−3 フェスピックチーム

89年からもう四半世紀近く続くこの同窓会サッカー。いろいろなサッカーがあることを学ぶ場だけでなく、参加者が楽しめるよう、裏方で準備されるスタッフのご苦労があって続いていることに頭が下がります。

2013関西女子トレセンGKプロジェクト(2013.9.13)

関西サッカー協会では、GKに興味・関心があり今後GKをやっていく意欲がある(経験は問わない)、小学6年生〜中学3年生で、日本サッカー協会に加盟登録している女子を対象に、GKプロジェクトを行います。

実施要項(こちら≫)を確認の上、府県ごとに参加申込書(こちら≫)に必要事項を記入して連絡先までメール送信ください。

大橋祥一さんが神戸市スポーツ功労者表彰を受賞(2013.9.4)

平成25年9月1日、第62回神戸市総合体育大会の開会式が中央体育館で行われ、大橋祥一さんが少年サッカーリーグ運営への長年のご功績により、神戸市スポーツ功労者表彰を受賞されました。

大橋祥一さん
神戸市スポーツ功労者表彰を受賞された大橋祥一さん(写真左、右は一北副会長)
第23回全日本少年フットサル大会神戸市予選は本庄FCが優勝(2013.7.22)

第23回全日本少年フットサル大会神戸市予選が7月20日、21日に行われ、優勝は本庄FC、準優勝はFC玉津ブラックでした。

神戸市選抜
優勝の本庄FC
神戸市選抜
準優勝のFC玉津ブラック

詳しくはこちら≫

オフサイドの解釈の改定(2013.7.20)

国際サッカー連盟(以下、FIFA)から2013 年6 月付回状1362 号をもって2013/14 年の競技規則改正について通達されました。

詳しくはこちら≫

第13回兵庫県選抜少女サッカー大会で神戸市選抜が2連覇(2013.7.17)

7月15日(祝)、朝から雨の降るしあわせの村運動広場において、第13回兵庫県選抜少女サッカー大会がおこなわれました。この大会には、神戸市選抜を含む兵庫県内の選抜9チームが参加。神戸市選抜は決勝戦でPK戦になったものの、見事勝利し、2連覇を飾りました。

神戸市選抜

試合結果はこちら(PDF)>>

ヴィッセル神戸、神戸FC、フレスカ神戸が全国大会出場(2013.7.11)

この度、クラブユース選手権関西大会において、下記の通り3チームが全国大会に出場が決まりました。皆さんで応援しましょう!!

関西大会の結果(PDF)>>

adidas CUP日本クラブユースサッカー選手権(U−15)大会
関西大会第5位(5位〜8位)

ヴィッセル神戸

神戸FC

日本クラブユースサッカー選手権(U−15)大会デベロップカップ
関西大会第9位

フレスカ神戸

関西サッカーフォーラム開催のお知らせ(2013.6.14)

関西サッカーフォーラムを6月23日(日)17時から神戸東急インにて行います。
兵庫県の指導者のスキルアップと結束力を高めることを目的として行っております『Fの会』もあわせて実施します。
また、講演会終了後に懇親会を行いたいと思いますので奮ってご参加の程よろしくお願いいたします。
(定員80人になり次第締め切らせていただきます。申し込み締め切りは6月17日(月)

お申し込み、詳細はこちらをご覧ください≫

第4回女性審判員のための研修会(2013.6.3)

平成25年6月2日(日)兵庫県民会館にて『第4回女性審判員のための研修会』が開催された。講師は女子1級審判員(県女子担当)として活躍中の的崎睦子さん。的崎睦子さん

はじめに、審判報告書の書き方・記入ポイント等をアシスタント講師清田啓介さんからの説明を交え、的崎さんから細やかなルール解説。
続いて映像紹介にプリント記入や、ルール質問応答など盛りだくさんの内容で、第4審判員の仕事も具体的に解り易く紹介された。

これから審判資格の取得をめざす、女子学生からママさんまで、女子サッカー選手として、また関心のある参加の受講者にとって、女性のための参加しやすく、約2時間半の研修会はあっという間。女性審判員の益々の活躍に期待が高まり、最後に、女性審判員のメッセージ映像もあり、女性審判員をめざす役割や、やりがいも伝えられた。

研修会

講師の的崎睦子さんは、昨年平成24年12月「ひょうご未来女性の縹(はなだ)賞」にも選ばれ、女子1級審判員としてなでしこリーグ等で大活躍中!
「頑張って4級・3級・2級・1級審判員へとチャレンジしてくださいね!」と、最後に参加の皆さんへ熱いエールが送られた。

研修会

平成25年度少年リーグ開会式(2013.5.5)

4月7日、少年リーグ開会式がノエビアスタジアムにて開催された

「プロサッカーチームを神戸に!オーレ神戸!」を旗揚げされた益子和久会長は、VISSEL誕生の1995年に発生した阪神・淡路大震災を乗り越え、2011年の東日本大震災の年に一般社団法人神戸市サッカー協会の会長に就任しました。開会の挨拶は、二度の震災の重さと、サッカーができる喜びをあらためて伝える、熱く、温かいメッセージでした。

選手宣誓時と、ヴィッセル神戸の試合開始直前に、恒例のVISSELKOBE応援人文字メッセージ行いました。地元出身選手の活躍が期待される神戸で、さらに子どもたちがサッカーを通じて笑顔で活躍する熱戦が繰り広げられる。

開会式
開会式

開会式

兵庫女子サッカーリーグ開幕(2013.4.25)

昨年秋オープンの神戸レディースフットボールセンターにて兵庫女子サッカーリーグが開幕。なでしこチームの練習直後、試合と開会式が行われた。

9チーム参加、選手宣誓のあとインストラクターとしてご参加頂いた藤田先生のご挨拶に引き続き、元なでしこ主将・池田浩美さんからも応援メッセージを頂いた。池田浩美さんはアテネオリンピックではキャプテンとしてチームを率い、2008年のなでしこリーグでは自身10度目のベストイレブンに選出されたが、同年選手引退。「今は子育て中ですが、パワフルなみなさんとまたサッカーできればと思っています」と現在2児の素敵なお母さん。

昨年30周年を迎えたお母さん女子サッカーリーグが益々発展されることに期待が高まり、また新たな年の熱戦が繰り広げられる。

表彰者
表彰者

表彰者
表彰者

平成24年度神戸市スポーツ表彰(2013.2.14)

2月8日、相楽園会館大ホールで行われた平成24年度神戸市スポーツ表彰の表彰式にて、神戸市教育委員会から「ぎふ清流国体サッカー競技少年男子」で優勝した兵庫県代表の選手達16名が優秀選手賞を授賞されました。

なお、被表彰者は各区体育協会と共同で推薦された方々です。

表彰者

平成24年度神戸市スポーツ表彰 表彰者

ぎふ清流国体サッカー競技少年男子 優勝メンバー

ぎふ清流国体サッカー競技少年男子で優勝した兵庫県代表の選手達


【JFA総務部発信】指導者として相応しい指導方法の徹底について(2013.2.4)

先般大阪市の公立高校の運動部において将来ある部員が自ら命を絶つという非常に残念なことがありました。

JFA2005年宣言では、「サッカーの普及に努め、スポーツをより身近にすることで人々が幸せになれる環境を作り上げる」というビジョンを掲げております。

日頃、指導者の方々には、常にプレーヤーズファーストを心がけていただき、 選手の育成指導では競技力向上のための技術指導だけではなく、 人としての成長、人間教育に関わっていることを理解され、体罰をもって指導、教育を行なっていくことに対しては排除の姿勢をもって取り組んでいただいていると思っております。

スポーツの素晴らしさを伝える指導者が、体罰はもとより選手の尊厳を傷つけたり、脅威を与えるパワーハラスメント、セクシャルハラスメントやいじめの発言・行動等を行うことは、 断じて許されるものではなく、スポーツに関わるすべての人達を大切に思いリスペクトしながら接しなければなりません。

つきましては、皆様におかれましても指導者の方々に対して日常生活も含め暴力行為を禁ずるなど責任ある行動と自覚を持つよう指導方徹底をお願いいたします。

公益財団法人日本サッカー協会 専務理事 田中 道博

FIFA 11+(イレブンプラス)セミナー受講報告、講習会のご案内(2013.1.11)

平成24年12月17日(月)、国立スポーツ科学センター(JISS)研修室で行われたサッカー障害予防プログラム・FIFA 11+(イレブンプラス)インストラクターコース講習会に、当協会から技術委員長の岡俊彦理事が受講しました。

受講報告書はこちら≫

なお、2月2日に第3回神戸市サッカー協会医科学講習会にて「The 11+」をご紹介します。イレブンプラスは、14歳以上の男女のサッカープレーヤーを対象とした、傷害発生予防のためにウオーミングアッププログラム(約20分)で、イレブンプラスを週2回以上行ったチームは、傷害発生が30〜50%減少するという結果が出ています。
まずはじめに、男子サッカー日本代表(ザックジャパン)チームドクターの柳田博美先生に障害予防のためのイレブンプラスの必要性について講演していただき、The11+ FIFA 障害予防プログラムインストラクターの新井東眞先生にイレブンプラスを実際に行う時のポイントや注意点について実技を交えて紹介していただきます。
皆様お誘い合わせの上、ぜひご出席くださいますよう、よろしくお願いいたします。

講習会の案内はこちら≫

FIFA 11+の資料、動画は以下の箇所からダウンロードください。
JFA ホームより
   ↓
[JFA]
   ↓
[メディカル]
   ↓
[メディカルコーナー]
   ↓
[LIBRARY]
 動画 11+ 日本語版  動画ダウンロード
 PDF 11+ ポスター  PDFダウンロード
 PDF 11+ 小冊子   PDFダウンロード