総合体育大会
2001年度2000年度1999年度
実施要項歴代優勝チーム
社会人(1種委員会)ページに戻る

平成13年度 神戸市総合体育大会実施要綱

1. 期間 本大会
   区予選
9月から10月
8月
2. 参加資格

当該年度に神戸市サッカー協会に登録した社会人チーム。

<<区予選への参加基準>>
企業チーム、学校のOBチーム及び同好会チームは企業または学校の所在地の区から出場する。
クラブチームでチーム名に土地の名を冠しているチームは、所在地に関わりなく、原則としてその土地の所在地の区から出場する。
上記以外のクラブチームはその所在地から出場するが、その所在地の変更に関わらず原則として当初出場した区から継続して出場するものとする。
上記により決定し難い時は、社会人委員会にて決定する。
3. 参加申込 7月の運営会議。
4. 抽選 神戸市体育協会が行う。
5. 試合方法
区予選  社会人委員各区担当者と参加チームとで協議の上決定する。(選抜チーム編成も可能)
本大会  トーナメント方式による。同点の場合は、1回戦〜準決勝はPK方式。
3位決定戦、決勝戦は20分の延長Vゴール方式とし、それでも決着が付かない場合はPK方式とする。
6. 試合時間 1,2回戦は70分ゲーム、準決勝からは80分ゲームとする。
7. 選手数 キックオフ時に11名に満たないチームは棄権扱いとする。
8. ユニフォーム チームは濃淡2着を用意し、組合せの前のチームが濃色を着用すること。
9. 4審判制 審判団は協会派遣とし、第4の審判をおく。
10. 付則 上記以外は、神戸市社会人サッカーリーグ戦要綱に従うこと。
ただし、棄権による反則金は課さないものとする。