第28回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 組合わせ2004-07-12

7月31日(土)から8月8日(日)までJヴィレッジ(福島県双葉郡)で行われます、第28回日本クラブユースサッカー選手権の組合わせが発表されましたのでお知らせします。

神戸市から、ヴィッセル神戸が出場いたします。

平成16年度全国高等学校総合体育大会(サッカー競技)組合わせ2004-07-12

8月2日(月)から8日(日)まで島根県立サッカー場ほかで行われます、平成16年度全国高等学校総合体育大会(サッカー競技)の組合わせが発表されましたのでお知らせします。

神戸市から、滝川第二高校が出場いたします。

JFAプリンスリーグ 組合せ発表2004-04-27

日本サッカーの将来を担うユース(18歳以下)年代の選手達のより一層の強化・育成を目的とし、第2種年代の公式リーグ戦を各地域において2003年度より実施すしています『JFAプリンスリーグU-18関西2004』に、神戸から御影工業・滝川第二・ヴィッセル神戸ユース・神戸国際大附属の4チームが参加します。
詳しくはこちら(PDF)>>>

U-17日本代表サニックス杯に木下真吾が参加2004-03-25

日本サッカー協会から、U-17日本代表 サニックス杯(3/22~28・福岡) メンバーについて発表になりましたのでお知らせいたします。
 神戸市からは、ヴィッセル神戸ユースの木下真吾(FW)が選ばれました。

※名前の後の()はポジションです。

【スケジュール】

3月22日(月)  トレーニング
3月23日(火)  トレーニング
3月24日(水) 2004サニックス杯 U-17国際ユース大会
         11:30 対 ブルガリア代表  (グローバルアリーナ)
         17:30 対 鵬翔高校     (グローバルアリーナ)
3月25日(木)  12:00 対 四日市中央工業高校(グローバルアリーナ)
3月26日(金)  トレーニング
3月27日(土)  順位決定トーナメント     (グローバルアリーナ)
3月28日(日)  順位決定戦          (グローバルアリーナ)

兵庫県高等学校サッカー新人大会は滝川第二が優勝

2月8日、兵庫県高等学校サッカー新人大会決勝が神戸ウイングスタジアム行われ、延長戦の末、滝川第二が神戸国際附を3-1で破り、2年連続12回目の優勝を決めた。

滝川第二 (0-0) 神戸国際附
(1-1)
(2-0)
(0-0)
優勝した滝川第二イレブン
準優勝の神戸国際附属イレブン

神戸市高校サッカー新人大会 神戸市代表校決定2004-01-13

1月11, 12日に行われた、平成15年度神戸市高校サッカー新人大会の準決勝、5位・7位決定戦の結果、長田・神戸弘陵・神戸高塚・神戸朝鮮・須磨東・御影工・神戸国際附の7校が支部予選を勝ち抜いて県大会に出場を決めました。

以上7校に滝川第二を加えた8校が1月31日から始まる県大会に出場します。

[日程]

1回戦  1月31日
2回戦  2月 1日
準々決勝 2月 2日
準決勝  2月 7日
決勝   2月 8日

詳しくはこちら>>

平成15年度第82回全国高等学校サッカー選手権大会組合せについて2003-12-03

12月30日(火)~平成16年1月12日(月・祝)まで、国立競技場(東京)ほかで行われる平成15年度第82回全国高等学校サッカー選手権大会組合せが決定した。

平成16年1月2日(金) 12:10 滝川第二 vs 長岡向陵(新潟) 等々力陸上競技場

2003ナショナルトレセンU-16(2003/11/21-25)について2003-11-22

日本サッカー協会は、本日から25日までJヴィレッジ(福島県双葉郡)で行うナショナルトレセンU-16の参加選手を発表しました。

兵庫県から、柳川雅樹(DF)、紀氏隆秀(GK)、大森一樹(MF)、木下真吾(FW)以上ヴィッセル神戸ユース清水圭介(GK:神野サッカークラブ)、堂柿 龍一(MF:関西学院高等部サッカー部)
※名前の後の()はポジションです。

第82回兵庫県高等学校サッカー選手権大会決勝戦2003-11-10

11月9日、神戸ウイングスタジアムにて、第82回兵庫県高等学校サッカー選手権大会の決勝が滝川第二と市立尼崎の対戦で行われた。前半24分、最初にゴールネットを揺らしたのは市立尼崎だった。

後半にはいっっても元気のいいリズムにのった市立尼崎は53分にも追加点をあげたが、ハーフタイムに気持ちの切り替えをした滝川第二は65分瀧原がゴール。どうしても追いつきたいが無常に時間が刻まれロスタイム2分の電光掲示がでた瞬間、79分今大会どうにか間に合った岡崎が貴重な同点ゴールを決め延長戦に持ち込んだ。

延長前半88分河本が勝ち越しゴールを決め、最後まで緩めない集中力あるディフェンスの市立尼崎から逆転勝利をおさめた。

優勝した滝川第二主将新井君は「簡単ではないと思ったが予想以上に厳しかった。自分達皆の気持ちで勝てた。」「集中力とスキを与えないよう全国大会で自分達の力を出し切ってあばれてきたい!」と熱く目を輝かせた!

ウイングスタジアム2000人という両チーム熱い応援の中見ごたえある試合だったが、残り5分、10分勝負も想定して練習してきたという滝川第二黒田監督は「やはり勝てたのは応援の皆さんのお陰です!」と感謝。ガンバレ滝川第二!

2003年度全国高校サッカー選手権大会県大会出場チーム2003-10-13

10月4日に、長田高校、神戸高塚高校で行われた敗者復活戦の結果、2003年度全国高校サッカー選手権大会の神戸市代表が出そろった。

滝川第二・神戸弘陵・御影工業・神戸国際附・神戸朝鮮のシード校5チームと、星陵・神戸高塚・長田・須磨友が丘・滝川・兵庫を合わせた11チームが、神戸市代表として県大会に出場する。