ニュース・トピック(2005年5月) バックナンバー≫

第29回全日本少年サッカー大会優勝は神戸FC! (2005.5.16)

 5月15日(日)フレスカ神戸人工芝グラウンドにおいて第29回全日本少年サッカー大会神戸市予選の準決勝と決勝が行われました。

 準決勝のライオスJrと東舞子の試合は一進一退の展開で0-0のまま延長戦に突入。1点を取ったライオスJrが逃げ切り決勝戦へ。もう1試合の神戸FC対多井畑は多井畑が先制するものの、神戸FCの自力に押され終わってみれば3-1で神戸FCが決勝戦へ。

 決勝のライオスJr対神戸FCは2-0で神戸FCが見事優勝を飾りました。

 なお、優勝の神戸FCと準優勝のライオスJrは県大会に出場します。


優勝:神戸FC

準優勝:ライオスJr.

3位:東舞子 3位:多井畑

第47回神戸市中学生サッカー選手権大会は桜ヶ丘中学校が優勝 (2005.5.9)

 5月3日「しあわせの村」芝生グラウンドにて、第47回神戸市中学生サッカー選手権大会の準決勝2試合と決勝1試合が行われた。

 準決勝は、桜ヶ丘が3対0で東落合中学校を下し、また、神戸朝鮮中等学校が1対1、PK戦で大原中学校を下し決勝進出。

 決勝前半は中盤を支配した桜ヶ丘中学校が有利に試合を進めたが、後半になると疲れの出た桜ヶ丘に対し神戸朝鮮が徐々にペースを取り戻し、キーパーとの1対1からファールを貰って1点差。その後何度かチャンスはあったが、そのまま試合終了。桜ヶ丘中学校が神戸朝鮮中等学校を2対1(前半2対0 後半0対1)で破り優勝した。



MIDDLESEX WANDERERS 創立100周年記念大会開催 (2005.5.4)

来る5月12日、神戸ウイングスタジアムにて、ミドルセックスワンダラーズと兵庫県社会人選抜(国体選抜候補)の試合が行われます。
入場は無料です。是非みなさん、観戦にお越しください。

名 称:ミドルセックス・ワンダラーズ JAPAN TOUR 2005 -創立100周年記念大会-
主 催:財団法人 日本サッカー協会
主 管:社団法人 兵庫県サッカー協会
    財団法人 静岡県サッカー協会/静岡国際交流サッカー大会実行委員会
    全日本大学サッカー連盟/関東大学サッカー連盟
後 援:神戸市/神戸市教育委員会/神戸新聞社/静岡市
対 戦:第1戦 日 時:5月12日(木)19:00
対 戦:兵庫県社会人選抜
場 所:神戸ウイングスタジアム/兵庫
入場料:無料

■チーム概要:【ミドルセックス・ワンダラーズ】
ミドルセックス・ワンダラーズは、1905年に国際親善と友好を促進するために創立された英国アマチュア選抜クラブチームで、本年創立100周年を迎える。その活動のほとんどは海外遠征で、これまでに100回以上44カ国に上る遠征の実績を持つ。初来日は1967年、その後5回にわたる訪日の中で日本代表と11試合を戦った。財団法人日本サッカー協会 岡野名誉会長、同 長沼健 最高顧問、同 村田忠男 特別顧問、同 クリス・マクドナルド 顧問、同 小倉純二 副会長が同クラブの役員として名を連ねている。