ニュース・トピック(2006年2月) バックナンバー≫

第8回神戸あじさいライオンズ杯、優勝決まる! (2005.2.26)

 2月19日(日)、くもり空の下、しあわせの村で「第8回神戸あじさいライオンズ杯」の各学年の優勝決定戦が行われました。

【3年生は多井畑C】
3年生の決勝は、多井畑Cと準決勝をPK戦で勝ち上がってきたマリノJの顔合わせは、試合開始と同時に両チームとも落ち着いたボール回しで、攻撃を仕掛ける。上がりが速く、勢いのある、左サイドを中心とした攻撃をする多井畑Cチームだが、マリノJの堅い守りに、得点チャンスを生かせことが出来ない。対して、マリノJはカウンターへの切り替えがとても速く、何度もゴール前へボールを運ぶが、こちらも得点ならず。15分間の前半戦を終え、両者無得点で折り返す。
後半開始から果敢に攻め続けるマリノJだが、後半10分、多井畑Cがゴール前の混戦から押し込み、先制!1点ビハインドになり、マリノJの攻撃は加速。後半12分、ハーフウェイライン付近で相手ボールを奪い、一気にゴール前までドリブル。キーパーの動きを見て冷静なシュートは同点ゴール。その後もマリノJの攻撃が続くが得点できず、同点のまま後半が終了。
PK戦を4−1で勝った多井畑Cが、優勝を決めました。
短時間に試合が一転二転する白熱した戦いに、会場は父兄を中心に盛り上がりました。

優勝チーム、多井畑Cの主将、佐久間陸選手のコメント:
「優勝出来て、嬉しいです。思い通りの試合運びができました。4年生になっても優勝したいです」

多井畑

【4年生はマリノD】
4年生の試合は、マリノD対神戸NK−Cの対戦に。終始攻撃のマリノDが4−0の大差で勝利し、見事優勝を飾りました。

マリノD

【4年生はマリノE】
5年生の決勝戦は、マリノE対神戸SS−Cの対戦に。前半に1点を得点したマリノEが後半も守りきり、1−0で優勝に輝きました。

マリノE

【6年生は東舞子B】
6年生の決勝戦は、準決勝を6−1で進み、決勝進出を決めた東舞子Bと、同じく4−2で突破した灘Aの、攻撃力のあるチーム同士の戦いとなる。
試合開始と共に、東舞子Bが攻撃を仕掛け、前半4分、ゴールネットを揺らしたが残念ながらオフサイド。幻のゴールに。その後も両サイドとも、とても良い上がりを見せ果敢に攻める。特に足元のプレーにキレのある選手が揃う左サイドでの攻撃は、とても勢いがあり、相手ゴールを何度も脅かす。灘Aもセットプレーを中心にチャンスを狙うが得点ならず。そして迎えた、前半12分、東舞子Bが味方の後方からのパスを受け、冷静にゴールの左隅にシュート。キーパーの手をかすめ、見事ゴール。そのまま前半終了。灘Aは、一方的な東舞子Bの攻撃に押し込まれながらも、ディフェンス陣を中心に守りを固め、失点1に抑え後半を迎える。しかし、東舞子Bが前半の勢いのまま、主導権を握る。後半10分、コーナーキックからのこぼれ玉から東舞子Bが決め、2点目。2点差にされて焦りが出た灘Aは、試合再開直後にボールを奪われ、そのまま東舞子Bのゴール。勢いの止まらない東舞子Bは、後半14分にも豪快なシュートを決め、4点目。灘Aは、反撃を試みるが、そのまま試合終了。4−0で東舞子Bの勝利。

東舞子Bの主将・新屋涼平コメント:
「優勝できたのはみんなのおかげです。今日は想像以上の試合運びが出来ました。みんな自分のマークもしてたし、攻めてたので良い試合でした」

東舞子B

もうすぐ小学校卒業を迎える6年生にとって、このチームでの最後の試合ですが、「中学生になったら、1年生でレギュラーになります」と、力強い意気込みを聞かせてくれました。
結果だけ見れば、東舞子Bの圧倒的な試合ですが、6年生の最後の試合で試合終了まで諦めることなく走り続け、ボールを追いかけた灘Aの選手達にも拍手を送りたいです。

取材/文:Ayako Jo



少年少女サッカーを励ます会講演会 (2005.2.22)

講演 平成18年2月18日(土)北須磨文化センター3階大会議室にて、少年少女サッカーを励ます会講演会が開催された。
 今回はジュニア期・栄養面で、講師に殖田友子先生(八戸大学人間健康学部助教授)をお招きして「頭で食べて強くなる」をテーマにお話を頂きました。
 ヴィッセル神戸など各種プロ選手チームの顧問、オリンピック選手団の強化コーチも務められた経験をお持ちで、管理栄養士、健康運動士、ヘルスケアトレーナー、産業栄養指導者としてご活躍されています。著書:「スポーツ栄養ガイド1〜8」(ミューズ)、「頭で食べて強くなる」(大修館書店)、「スポーツ栄養学」(健康・体力づくり事業財団)他、たくさんのガイドブックに沿ってわかりやすく丁寧にご講演頂き、174名もの参加者から質問コーナーでは多数の質問がでるなど、大盛況でした。

講演


神戸フットボールパーク岩岡完成! (2005.2.8)

神戸フットボールパーク岩岡 ついに神戸のサッカー関係者が30年間抱いていた夢が実現しました。2月5日(日)神戸市西区岩岡町に神戸市サッカー協会が昨年4月から整備事業に着手していたサッカー場が完成し、オープニング式典が行われました。

 当日は、朝からかなり冷え込みましたが、晴天に恵まれたなか、地元岩岡町の関係者の方々に多数参加いただき、新しい施設の完成をお祝いしました。式典では三坂獅子保存会による子ども獅子舞が披露され、また「励ます会」のお母さんたちによる温かいおでんや焼き鳥の提供も、賑わいに花を添えました。

神戸フットボールパーク岩岡

開会式 早速施設では、4種の神戸あじさいライオンズ杯のほか、1種のユーハイムカップ、シニアリーグの試合が行われました。

 神戸フットボールパーク岩岡と名づけられた施設は、約4ヘクタールあり阪神甲子園球場がすっぽり入る大きさです。グラウンドはクレー(土)ですが、大人用2面、少年用が4面取れる広さで、ウォーミングアップ場や約300台の駐車場があります。当面、土日祝日の利用です。

 使用申込等の詳細はこのホームページでご確認ください。なお、グラウンド施設拡充協力金として車1台につき500円のご協力をお願いします。


ナイキカップ、優勝はヴィッセル神戸! (2005.2.8)

 1月29日(日)王子球技場にて、第8回兵庫県中学生サッカー選手権大会(U-13)神戸市予選(ナイキカップ)が行われました。
決勝は予選を勝ち抜いてきた、ヴィッセル神戸対神戸FCの対決に。
試合はヴィッセル神戸が、サイドからの攻撃を有効に生かし得点を重ね、6-0で勝利し、見事優勝を飾りました。
上記2チームは県大会に出場します。

ヴィッセル神戸
優勝のヴィッセル神戸

神戸FC
準優勝の神戸FC

【長田監督のコメント】
昨年の1月に指導者として神戸に戻ってきて正直に感じた事は、U-13年代の個人スキルの高さに驚きました。
私が見ているヴィッセル神戸JrユースU−13は、徹底した個人技を習得させる為のトレーニングに時間を割きました。
今大会でもたくさんのチームが、面白い選手を育てているなと感じました。
今後は良いトレーニングはもちろん、もっと素晴らしい環境でゲームをさせてあげられたらと思います。
高いレベルの選手には、より良い環境を与える事も大切なことです。近い将来、「ナイキプレミアカップ神戸市大会」が天然芝のグラウンドで開催される日が来るのを願っています。


神戸兵庫シティライオンズクラブ杯春季新人戦 (2005.2.3)

 1月29日(日)しあわせの村運動広場で、第22回神戸兵庫シティライオンズクラブ杯春季新人戦の決勝が行われました。
 男子の部は、若草SC対神戸FCの対戦に。決勝にふさわしく一進一退の展開になりましたが、少ないチャンスをものにした若草が1点を守りきり、見事優勝を飾りました。

若草SC
男子の部優勝の若草SC

  女子の部はウイングス対ソレイユの戦いに。前半を0−0で折り返し後半へ、後半に先制したのはソレイユ。しかしウイングスもPKで同点に追いつき延長戦に突入。延長後半、ウイングスが決勝点を入れ見事優勝しました。

ウイングス
女子の部優勝のウイングス