緊急事態宣言後の社会人リーグ対応について

既に報道されております通り、新型コロナウイルスの感染再拡大が広がる中、近日中にも兵庫県下へ緊急事態宣言が発出される見込みとなりました。神戸市社会人リーグでは、これまで通り各チームへ感染対策の徹底をお願いしながら、リーグ戦を継続してまいります。

今シーズンよりリーグ要綱を改定して運営しておりますが、全チームが把握出来ていない状況のため、改めて以下にてご案内いたしますのでご一読ください。

 

  • リーグ戦の棄権2回によるリーグ除名処分は廃止とする
  • 棄権時の取り扱いは、勝点-3、得失点-3とする(従来は得失点-5)
  • 2021年度リーグ戦においては各部、ブロックにおいて昇降格を実施する
  • 1部リーグ、2部リーグ間の入れ替え戦についても実施する
  • 棄権時においても、割当審判などの履行をお願いする(対応不可の場合は1種委員会へ問い合わせ)

 

現時点では上部協会からの活動停止指示等は出ておらず、関西リーグ・兵庫県リーグ、また兵庫県下各都市協会における社会人リーグにおいても、感染対策を講じながら運営を続けております。神戸市社会人リーグにおいても、これまでと同様の感染対策の徹底を呼びかけつつ、運営を続けてまいります。

個別のお問い合わせには御回答出来ませんが、頂いたご意見等は参考にさせて頂いております。もしも、今後の感染状況悪化により上部協会から何らかの通達があった際には、規約変更・リーグ戦の中断なども考えられます。その際には迅速に対応を協議し、ホームページ上にて決定事項をご案内してまいります。

 

以上